全身脱毛のコスパが高いサロンはどうやって選ぶ?大事なのは5つの条件!

脱毛サロンを選ぶにあたっては、やはりコストパフォーマンスの高いところを選びたいですね。
例えば料金がとても安くて魅力的であったとしても脱毛効果が低かったり接客対応が今イチというのでは、通い続けるのがいやになって途中でやめてしまうかもしれません。

 

特に全身脱毛を受けるという場合には、1年、2年と通い続けるわけですし金額も総額で考えますと決して安くありません

 

どうすればサロン選びに失敗しないのか?
全身脱毛でコスパの高いサロンを選ぶために気をつけるべき条件は以下の5つです。

 

  1. 料金が安くて妥当であること
  2. 効果があると感じられること
  3. 予約がとりやすいこと
  4. 通いやすい来店回数、通いやすい場所であること
  5. 寧な接客と、店鋪が衛生的で綺麗なこと

 

1. 料金が安い、妥当である

まずコストパフォーマンスを考えてサロンを選ぶのであれば、そのサロンの料金が安いかあるいは妥当な程度であるところを選ぶ必要があります。
しかし、脱毛サロンの料金は各サロンでプランの違いもありますし、また全身脱毛のコースといっても脱毛できる部位に違いがあったりしますから、そのあたりも踏まえて比較する必要があるのです。

 

例えばよくあるのが全身脱毛コースだけど顔が入っていないというコース。
月額で比較すると他社と同等の料金でも、オプションで顔をプランに加えると他社よりも高くなってしまうケースはよくあります。

 

気をつけたいのが「トータルでいくらかかるのか?」という点ですね。
月額の料金が安いとついお手頃なような気がしてしまいますが、結局のところ全身脱毛というのは1回ではとても終わりませんから、最終的にいくらかかるのか?という点が重要となります。

 

月額が安くても、脱毛完了までの期間が長く支払い回数が多いだけ、というのでしたらトータルで考えると高くなってしまうこともあります。

 

サロンごとで全身1サイクル分の来店回数にも違いがありますから、その点も踏まえたうえで

 

『全身脱毛何回分で総額でいくらになるのか?』

 

という点に注意して選びましょう。

 

2. 脱毛効果があると感じられる

どんなに料金が魅力的であったとしても、脱毛効果が低く技術がともなっていないのでは「コストパフォーマンスが高い」とは決して言えません。
ただし、脱毛サロンで行われるのは主に「フラッシュ脱毛」と呼ばれるもので、その効果自体は人気の高いところであれば各社でそれほど大きな違いはないと思っておいていいでしょう。

 

しかし脱毛効果を感じるスピードには違いがあります。
全身脱毛はサロンによって、施術の早さが違うからです。

 

一般的に多いのは、全身を4分割して4回にわけて施術をしていく方法です。
1ヶ月に1~2回、2ヶ月~4ヶ月で全身1サイクル分の施術をします。

 

1年半~2年程度で6回分など施術していくことになります

 

しかしなかには、全身を1回で施術してしまうところ、また全身を2回にわけて施術していくところもあります。
一度施術した部位は毛周期がありますから3ヶ月程度あけてから施術するとしても、4分割で脱毛していくよりもスピーディーに脱毛が進みますから、脱毛効果を早く実感できると言えるでしょう。

 

また、効果の高さという点にこだわるのであれば、サロンのフラッシュ脱毛よりもレーザー脱毛のほうが効果が高いと言われています。
しかし、クリニックのレーザー脱毛はサロンよりも割高となります。

 

「完璧につるつるにしたい!」など、ひとによってはレーザー脱毛のほうがコスパが高いという場合もあるかもしれません。
ですが、「ある程度以上の効果があれば」というのであれば痛みが少なくて料金も優しいフラッシュ脱毛がよいでしょう。

 

3. 予約がとりやすい

予約の取りやすさとコストパフォーマンスは一見関係がないようですが、脱毛サロン、特に全身脱毛において予約がとりやすいかどうかというのは非常に重要なポイントなのです。

 

全身脱毛の場合、ワキの脱毛などと比べて施術時間は圧倒的に長くなります。
1回の施術時間は大体1時間から2時間程度のところが多いです。

 

そのため、5分~10分程度のワキの脱毛などと比べて予約を取るのが難しくなってくるのです。
平日の日中に来店できるような方でしたらいいですが、もし平日夕方以降か土日祝日しか通えないという場合、予約が一気に埋まってしまうため次の予約は4ヶ月後…なんてことも人気のサロンでは珍しくないのです。

 

しかし、予約が取りにくくなってしまうこととコスパにどういった影響があるのでしょうか?
それは、以下のようなことが考えられるからなのです。

 

  • 通うのが面倒になってしまって購入した回数が残っていても通わなくなってしまった
  • 何ヶ月も前に予約したため都合が悪くなってしまい、キャンセルした結果1回分消費になってしまった
  • 毛周期に合わせて通いたいのにちょうどいいところに予約がとれないで期間が長くなってしまう

 

こうしたことなどから、予約がとりやすいかどうかということはコストパフォーマンスにおいて、料金の安さなどよりも非常に重要なポイントとも言えるのです。

 

4. 通いやすい来店回数、通いやすい場所であること

脱毛サロン選びにおいて、通いやすい環境であるかどうかということも重要なポイントです。

 

例えば来店回数。
全身脱毛は施術範囲が多いですから、全身を4分割、4回の来店で全身1サイクルとするサロンが多いですが、通う時間があるでしょうか?

 

リラクゼーションもかねて行きたいから何回も通いたい!という方もいれば、そんな時間はないからできれば1回の来店で全身施術して欲しいという方もいるでしょう。

 

全身脱毛は2年~3年程度、通い続けることになります。
もし月2回程度、毎月通う時間があるのであればいいですが、それが無理であるなら、少々高くついたとしても来店回数が少なくて済むサービスを選んだ方がいいということです。

 

また店鋪の場所もポイントです。
通い続けるにあたって、例えば最寄り駅、会社の近く、乗換駅など、自分が通い続けやすいところにあるか?という考え方と、お休みの日にリフレッシュ感覚で行きたいからという考え方。

 

人によって通いやすいかどうかという基準は違いがあると思います。

 

要は、そのサロンの環境が『自分にとってコストパフォーマンスが高いのかどうか』ということです。

 

5. 丁寧な接客と衛生的で綺麗な店内

やはりいくらよいプランがあっていくら料金がお手頃であっても、接客が悪かったり、またリネンや機械が前のひとのままだったりというのでは通いたくなくなってしまいますよね。
特に全身脱毛の場合には、VIOもやりますから衛生面はかなり気になりますし、滞在時間も期間も長いわけですからここは絶対に妥協できない点だと思います。

 

サロンによっては高級ホテルと同等のリネン類を使用して衛生管理も徹底しているところもありますが、サロンによってそこは違いがあります。
全身脱毛の価格は以前と比べるとかなりお手頃になったとは思いますが、それでもけっして安いものではありません。

 

それだけのお金を出す以上、ある程度以上のレベルである必要があります。

 

口コミでもある程度情報を集めることができますが、衛生面はカウンセリング時にもチェックできる部分です。
またテスト照射を受けるために施術室に入れる場合がありますので契約前にぜひチェックしてみましょう。

 

  • リネン類が清潔かどうか
  • 機械にほこりがかぶってないかどうか
  • 前のひとの髪の毛などが落ちていないかどうか
  • トイレがきれいかどうか

 

コスパが高いかどうか、まずはお試ししてみよう!

公式サイトの情報や口コミでもある程度の情報はわかりますが、例えば施術の効果があるのかどうか、また自分が通う店舗の予約が取りやすいのかどうか、接客応対が丁寧かどうかなどといった部分は実際に自分が来店して感じてみなければわからない部分もあるかと思います。

 

まずは気になるサロンで手軽に試せるお試しコースを利用してみてはどうでしょうか

 

料金に見合ったサービス内容となっているか?
自分が納得できるサービス内容なのか?

 

体験してみるのが一番早いかもしれません。

全身脱毛の相場はどのくらい?

「全身脱毛は100万円くらいかかりそう…」

 

などと、全身脱毛は高級エステでセレブがやるものと考えている方が昔は多かったと思います。
しかし最近では脱毛サロンは非常に身近なものとなり、会社帰りにちょっと寄れるようなものとなりました。

 

特にお試し脱毛コースなどはかなりお手頃で、何百円~何千円という単位でワキやVIOなどの脱毛ができるところもあります。

 

では、現在の全身脱毛の相場はどのくらいなのでしょう?
部分的にはお手頃な脱毛でも、全身脱毛となるとやはりある程度の値段になりそうですよね。

 

しかし現在では、全身脱毛もかなりリーズナブルになっていて、なんと月額1万円以内で施術を受けられるようになっています!

 

しかし気になるのは、月額もそうですが最終的にいくらかかるのかという点だと思います。
脱毛完了までにかかる期間はひとによって違うため一概には言えないのですが、例えばコースでいいますと、6回コース、12回コース、回数無制限などがあると思います。

 

人気のサロンのそれぞれの相場は以下のようになっています。

 

  • 6回コース 10万円~20万円
  • 12回コース 20万円~50万円
  • 回数無制限コース 30万円~

 

どうでしょうか?相場といっても、結構お値段に開きがあるのがわかりますよね?
しかもここに挙げた相場は最近人気の比較的お手頃なサロンの相場で、高いところは今でもやはり100万円とか普通にあります。

 

なぜそんなに料金に違いが出てくるのかというと、ぼったくりだとかそういったことではなく、提供しているサービスの質や内容に各社かなり違いがあるからなのです。

 

そのため、相場はこんな感じではありますが、脱毛サロン選びにはやはり料金だけでなく自分にあったサービスのところはどこかで選んでいただいたほうがいいと思います。

全身脱毛の回数は普通どのくらい?

全身脱毛は何回くらいで完了するものなのでしょうか?

 

これは、体毛の濃さや効果の出方の個人差、また納得できる仕上がり具合の違いによっても違ってくるため一概には言いきれません。
産毛までまったくむだ毛がなくなるまで通いたいというのであれば回数を意識するより回数無制限にしたほうがいいでしょうし、普通は何回、というのは誰にでもあてはまるものではないのです。

 

ただし1,2回程度の施術でどうにかなることではないのは確かです。
毛には毛周期というものがありますから、一度に脱毛できるのは体の表面に出て来ている20~30%程度なのです。

 

毛周期に合わせ、繰り返し施術をしていかなければなりません。
一般的には脱毛サロンのフラッシュ脱毛ですと、2年~3年程度通えばほぼ気にならない程度に脱毛が完了して満足する方が多いようです。

 

よくあるコースとして、6回、12回などがありますが、6回コースですと1年~1年半程度で全体の50%の脱毛が完了する程度といいます。
そのため6回程度ですと、毛は薄くなった実感はあるもののまだ自己処理は必要なレベルです。

 

12回コースになりますと、2年~3年程度、全体の約80%ほどが完了してときどき自己処理する程度となりますがVIOなどところによってはまだ足りない感じがあるかもしれません。

 

上記はあくまで一つの目安であり、ひとによっては18回やってもまだまだ毛が生えてくるという方もいらっしゃいますし、12回程度でほとんど気にならなくなる方もいます。
しかし全身脱毛をはじめるにあたって、何回コースにしたらいいのか?と悩んでしまう方もいるでしょう。

 

まずは今よりも毛量が減って自己処理が少し楽になれば…という程度でしたら、6回コースでもいいかもしれません。
しかし、自己処理をしないでいいようになりたい、というのであれば、最低でも12回コース以上を選んでおいたほうがいいかもしれません。

 

また、予定していた回数以内で脱毛が完了する保証はありません。
その場合には追加の料金を支払うことになります。

 

今後のことを考えて…というのであれば、回数無制限の一生脱毛し放題のコースを選ぶという選択肢も考えておきましょう

全身脱毛でvioはどこまで残せばいい?

全身脱毛のコースでは、多くの場合、vioまでプランに含まれています。
最近ではハイジニーナ脱毛はかなり一般的になりましたね。

 

しかし一般的になったからとはいえ、誰もが抵抗がなくなったわけではないと思います。
例えば温泉に行ったときにあまりに無毛なのは恥ずかしい…と考える方もいらっしゃるでしょうし、デリケートゾーンのことですからこうした考え方の違いはあるかと思います。

 

アンダーヘアすべてを処理してしまいたい

衛生的な観点から、またはエチケットとして、アンダーヘアすべてを処理したいという方もいらっしゃいます。
無毛ですと下着で蒸れてしまったりといったことがなく、生理のときに楽なのだそうです。

 

また無毛なわけですから当然部屋に陰毛が落ちてしまうということもなくなります。
履ける下着のデザインの選択肢も広がるなど、意外とメリットは大きいのです。

 

全部なくすのは抵抗があるけれど範囲を狭くしたい

温泉やスポーツクラブなどで他人に見られてしまうのが恥ずかしいし、全部をつるつるにしてしまうのは抵抗がある。
けれど、下着のラインからはみでてしまう部分ですとか少しだけ形を整えたいという方も多いです。

 

Vラインだけお手入れをしてIOはそのまま、もしくはIラインも少し形を整える程度で、というようにカウンセリングで脱毛範囲を相談しましょう

 

毛量が多いので薄くしたい

VIO脱毛の際、毛量によってはVの範囲を狭めるだけにしてしまいますと違和感のある仕上がりになってしまうことがあります。
毛が濃いのに範囲だけが狭いと、周りと馴染まずにそこに付け髭でもつけたような不自然な感じになってしまうのです。

 

そのため、そうした場合には、何回か全体を照射して毛質を変えてしまう方法もあります
何回か全体を照射していけば、毛量は減り、毛質は猫っ毛のように一本一本が細くなっていきます。

 

全体がそうした毛質になってきたところで形を整えるようにすれば仕上がりがきれいになるでしょう。

全身脱毛、vioは自己処理どこまでしていけばいい?

脱毛サロンでの施術前には、施術箇所の自己処理をしていかなければなりません
そこで悩んでしまうのがvioです。

 

vioの自己処理というのは、Vラインはまだしも、IOは形も複雑で見えにくいし毛は濃いしたいへんです。
Iラインは形がカーブしている上肌も柔らかいですし、Oも見えづらいところにあります。

 

またVラインもVラインで、処理はしやすくはありますが形を決める場合には処理に悩むと思います。
Vラインの形には逆三角型やオーバル型などありますし、これを自分で考えて自己処理していくのは結構難しいのではないでしょうか。

 

自己処理をする前に、カウンセリングなどの段階でどういった形にしていくのかを相談しておくといいでしょう

 

剃り残しなどある場合には基本的には有料でのシェービングとなるところが多いですが、背中などやりにくいところはありますよね?
そうした部位はサロンによっては無料シェービングをしてもらえることがあります。

 

ではvioの場合はどうなのでしょうか?
こちらも、サロンによっては前処理をしてくれるところがあるようですが、衛生的な理由からvioの処理を断るところもあるようです。

 

ですので、もしもVIOを含めた全身脱毛をするのであれば、VIOの前処理もサロンでしてもらえるところを選ぶというのも一つの手だと思います。
ただし、場所が場所ですし、衛生的にどうしても気になるというのであれば、顔用シェーバーを用意して自己処理をしておきましょう。

 

もし施術の際に範囲を修正するなど処理が必要になってしまった場合に備え、自分用の顔用シェーバーを持ってきておくといいでしょう。

 

全身脱毛、vioの形は何が人気?

「全身脱毛を申し込もうと思っているけれど、vioの形をどうしよう…」

 

基本的に、脱毛サロンではvioのデザインについてはオーダーが可能なので希望する形にしてもらうことはできます。
例えば星型にする方やハート形にする方なんかもいらっしゃるようですが、一般的にはどういう形が人気があるのでしょう?

 

サロンでオーダーの多い人気の形を紹介します。

 

人気No.1はやはり逆三角形

人気No.1はやはり自然に見える逆三角形です。
ショーツからははみ出さないようきちんと処理されていながら、脱毛しました感が少なく自然に見えます。

 

Vラインサイドと上を処理する程度ですので、最も一般的なアンダーヘアのデザインでしょう。

 

女性らしいオーバル型

たまご型やオーバル型など呼び方に多少違いはありますが、縦長の楕円形のデザインです。
丸みのあるラインが女性らしく、特に20代~30代の女性の方に人気が高いようです。

 

より自然なイメージに仕上げるのであれば、上が少し広くなった逆卵形のような形にするといいでしょう。

 

Iライン型

スクエア型、Iライン型(VIOのIとは意味が違います)などと呼ばれるデザインは、上記の二つの形と比べて脱毛範囲が広いです。
逆三角では少し不安になりそうな面積の少ない大胆な水着も、堂々着こなせるデザインとなっています。

 

海外のセレブなんかにも人気の形ですね。

 

ただし上記の二つに比べてIライン型は男性には人気が低いようです。
男性にはやはりナチュラルな仕上がりのほうが人気が高いようです。

 

Iラインの形はどうしたらいい?

Vラインはデザインがいろいろとあるわけですが、ではVIOのIラインはどのような形に脱毛していけばよいのでしょうか。

 

実はIラインというのは、前からみたときには少しだけ見えています。
Iラインを全部なくしてしまえばすっきりしますが、前からみたときあんまり不自然なのも考えものですよね。

 

そこでおすすめなのが、VラインからIラインにかけて、徐々に細くしてなくしていくデザインです。
VとIが繋がっていれば自然ですし、Iラインの前3分の1程度で終わりにすれば快適性も損なわれません。

 

この辺りは好みにはなりますが、迷っているという方は一気に全部なくしてしまうのではなく、とりあえず少しは残しておくことをおすすめします。